大分県中津市・宇佐市・玖珠町の眼鏡と補聴器の専門店

ベルリンメガネ

006aboutus.jpg

全てはお客様のために・・・

4001_syacho.gif

 社会に出てから、メガネ業界一筋でやってきました。別府出身だった私が縁あって東京や札幌のメガネ店で経験を積み、約40年前、『メガネ』について本格的に勉強をするために、単身西ドイツへと渡りました。当時の西ドイツはメガネや光学機器の最先端を行き、メガネ店といっても、”マイスター制度”のもと、メガネに対する知識と技術を有する者しか販売する事ができませんでした。
 昔は現代ほど検査機器や道具が発達しておらず、コンピュータを使った検査などおこなわれていなかった時代でしたので、専門的な知識を持つ者しか作製する事が出来なかったからです。職人・専門職に対する尊敬がある西ドイツでの経験は、その後のメガネに対する姿勢に多大な影響を与えました。
 日本においてはそのような規制はありませんが、今でもお客様にとって最も快適にかける事のできるメガネをご提供させていただけるようにと、当時の想いをそのままに社員一同取組んでおります。



”メガネ”をご提供するという事

 現在は、メガネもすっかりファッションアイテムとして皆様に認知され、一昔前に比べ、オシャレで低価格のものも増えて参りました。多くのお客様にメガネを気軽に使っていただける事は、長年この業界にいる人間としては嬉しいものです。ただ、あくまでメガネは”視力矯正”の道具としての機能を無視してはいけません。「見える」と感じるものは、一人ひとりのお客様で全て違いますし、一人のお客様にとって「見える」事は、マニュアルにそって当てはめられるものでは無いと考えます。
 機械の性能が向上し、少し研修を受けた人でも、視力測定をおこなう事が出来るようになりました。しかし機械のマニュアルにそって出来あがったメガネでは本当の意味で「見える」メガネになるのでしょうか?私たちは常にベストのものを目指し、個々のお客様にとっての「見える」を提供するために、状況、経過、用途、ライフスタイルなど様々な条件を加味して最適なものを提供したいと考えております。

”ありがとう”と言っていただけるお店でありたい

 「見えない」世界から「見える」世界への変化は、いわゆる、目が悪くなった人皆さんが感じた「喜び」ではないでしょうか。お客様に見える喜びをご提供できた時、お客様に快適な「見える」世界を実感していただけた時、そしてお客様が心から満足していただけた時、それは私たちにとっても最大の喜びであり、この仕事を続けていく上でも一番のやりがいであります。いつまでも私たちはお客様に最高に満足いただき”ありがとう”と言っていただけるようなお店を目指していきます。

有限会社 ベルリンメガネ
代表取締役会長 松本 達雄

▲HOME

  ベルリングループ 沿 革

1977年
丸吉百貨店内2階にてベルリンメガネ創業
1980年
玖珠町トキハインダストリーに「ベルリンメガネ玖珠店」出店
1989年
サティ中津店にジュエリー部門「ソフィ・ムラカミ」出店
1992年
中津市万田に「ベルリンメガネ中央店」出店
1998年
宇佐市に「ベルリンメガネ宇佐店」出店
1998年
ゆめタウン中津店1Fに「ソフィ・ベルリン中津店」出店
2001年
サティ閉店に伴いベルリンメガネ本店 閉店
        ソフィ・ムラカミ 閉店
中津市中殿にベルリンメガネ中津本店 開店
2006年
ベルリンメガネ玖珠店 トキハ玖珠店より退店
玖珠町塚脇に「ベルリンメガネ玖珠店」出店
2009年
中津市中殿にブライダルジュエリー専門店「Jewelry miite」出店